カードローンで役立つ計算

カードローン最前線

カードローンで役立つ計算とは

カードローンで役立つ計算とは

カードローンを利用する時、
保証人が不要で簡単に借り入れができる
という理由で申し込みをする人は少なくありません。

実際、給料日前の生活費の補填や飲み会の代金など、
ローンを組むまでもないが手元に現金がないという場合、
カードローンは保証人要らずですぐに利用できるため、
大変便利です。

カードローンは金利が高いとよく言われますが、これは年利のことですので、
数日程度で完済すれば数百円程度の利息に収まることも珍しくありません。
また、無利息期間を設けているところなどもありますので、
上手に利用すればatmの手数料よりも安く借り入れができる場合もあります。

前もっておおよその計算をしておく

ただし、カードローンを利用する前には
大まかに金利や総支払い額を計算しておくことも大切です。

例えば、カードローンの返済方式は毎月最低限の支払いを決めて、
それ以外は自由に借入や返済ができるようになっています。
カードローンの利用額10万円で毎月5000円の返済の場合、
30日後に返済して年利が18%だと10万円×0.18×30/365日=1479円
金利として払われていることになります。

カードローンの場合、元本が減っていくに従って利息も減っていきますが、
返済額のうち3割程度は利息として払っていることになります。

出来る限り早めの返済を

また、カードローンは追加借り入れが自由にできるようになっていますが、
その分利息も増える計算です。一度借り入れて後は返済だけという
通常のローンとは違いますので細かい計算は複雑で面倒ですが、
大体借り入れた額に対して一年でどれくらいの金利がかかるのか、
大まかにでも把握しておくとずるずる借入を繰り返すようなことはありません。

また、できるだけ早めに返済をすると、その金利が大幅に軽減できますので、
家計費を少しずつ節約するよりもはるかに利益が大きくなる計算になります。
利用する時は最低限の金額を借り、返済は早めに、
できるだけ多くするように心がけて、上手にカードローンを使いこなしましょう。

カードローン最前線 Menu

カードローン業者の特徴